新米ママが育児のノウハウを学ぶサイト

日常

心理カウンセラーの西です。 育児や家庭生活についてのママからの相談が増えています。 私が運営しているかしわふれあい相談室(カウンセリングルーム)でも共働きのママから「旦那さんが手伝ってくれない」「子どもに強く当たってしまう」などの相談を受けています。 原始時代から集団生活を営んできた人間の性質を考えると、育児は本来集団でするものです。 核家族化が進んで「育児はママの仕事」とワンオペ育児をするのはあまりにたいへん。

【書評】残念ながら、その文章では伝わりません

書評

心理カウンセラー 西たかおです。   私は人の話を聴くのと同じくらい、 伝えるのも大好きです。   でも伝えたいことが多すぎて、 いつもくどくなってしまうのが悩み。   家族や友人との会話でつい話しすぎてしまって、 気がついたときは相手の目が虚ろになっているというww   文章を書くときも 「くどい」 「ムダに長い」 「時間がかかる」 でいつも苦労していました。   文章作成の救いを求めて手に取ったのが 山口拓朗先生の著書「残念ながら、その文章では伝わりません」です。

スマイル子育て応援マガジン Bonjour ach(ボンジュール アハ)2017年9月号に掲載されました

家庭と子育て

心理カウンセラー 西たかおです。   子どもたちのいる暮らしのハッピーニュースを届ける情報誌『Bojour ach(ボンジュール アハ)』2017年9月号に掲載されました。 パパアンテナという連載ページに「“イヤイヤ期”にパパができること」と題した記事で私が登場しています。 記事ではパパ目線で、子どもと、奥さんのためにできることについて触れました。

今日は七夕。短冊にお願い事をするなら、叶う書き方をしよう

自分らしく生きる

心理カウンセラー 西たかおです。 今日は七夕。 娘たちの保育園に行くと、 玄関の大きな竹に 園児たちの書いた短冊が たくさんぶら下がっていました。 長女のお願い事は 「まほうつかいになってみんなをよろこばせたい」 でした。 ちなみ昨年は 「おかねもちになる」 でしたw

ページの先頭へ