LINEで送る

Sponsored Links

心理カウンセラー西たかおです。
 
座間の事件で、
自殺サイトがときどき
ニュースで話題になっています。
 
自殺というと、
「覚悟の自殺」を
思い浮かべる人が
多いかと思います。
 
自ら死を選んだ。
命を粗末した。
死ぬ勇気があるのなら・・・。
 
などなど。
 
もちろん、
命を大切にして欲しい。
生きて欲しい。
 
そういう思いから
出た言葉だとわかります。
 
 
でもね。
 
 
覚悟の自殺なんて、
ほとんどありません。
 
 
死にたいから死ぬんじゃなくて、
追い詰められた上の死なのです。
 
 
苦しくて苦しくて、
死ぬこと以外に
苦しさから逃れる術が
思いつかない。
 
自死者の8割〜9割は
何らかの精神障害の状態に
なっていたそうです。

これでは、考えごともむずかしい。
 
かと言って、
周りの今までの無理解を考えると、
相談もできない。
 
 
生きることに疲れた。
 
苦しさから逃れたいけれど、
死ぬ以外に方法がわからない。
 
自分なんか消えたほうがみんな楽だ。
 
でも生きたい。
 
生と死の間を激しく揺れ動いた末の死。
 
 
これを、
自ら死を選んだとか、
勇気を出して死んだと
言えますか?
 
 
命の尊さを説いたり、
自殺はダメと価値判断をされてしまったら、
その人には二度とSOSを出せなくなります。
 
 
そうではなくて、
死にたくなるほどの苦しさを理解し、
共感してあげてほしい。
 
 
もし、あなたの身近に、
死を思うほど苦しんでいる人がいたら、
まずは精神科医や心理の専門家の力を借りること。
これが第一です。
 
そのうえで、
相手の負担にならない程度に寄り添って、
絶望感に静かに耳を傾けてあげてください。
 
一緒であれば、
具体的な困りごとに対処したり、
冷静な判断もできるでしょう。
 
 
覚悟の自殺なんてありません。
だれもがほんとうは生きたいのです。
 
 

PublicDomainPictures / Pixabay

  

☆☆ お読みくださいましてありがとうございます ☆☆

気に入っていただけましたらFacebookやTwitterでシェアしていただけるとうれしいです。

ご感想やご質問もお待ちしております。
お問い合わせページ または コメント欄をご利用ください。

Facebookのお友だち申請大歓迎です。
プロフィールがあればほぼ100%承認いたします。
https://www.facebook.com/takao24

相談室はこちら。
かしわふれあい相談室 -千葉県柏市のカウンセリングルーム

Sponsored Links

心理カウンセラー/メンタルコーチ/瞑想ファシリテーター
うつ、身近な人を亡くした方、ペットロス、家庭・育児、仕事、人間関係などの悩みを根本的に解決するカウンセリングを中心としたプログラムを提供しています。このブログでは日々を幸せに生きる心の持ち方や、心身の健康、習慣など、私自身の試行錯誤も含めて発信しています。1977年生まれの巳年蟹座B型。千葉県柏市出身。

LINEで送る